HOME >  どれが一番?車コーティング徹底比較 >  ガラスコーティングのメリット

ガラスコーティングのメリット

ここでは、車ガラスコーティングの効果や持続期間などの特徴を解説しています。

現状では最も効果が高い車コーティング

ガラスコーティングは、コーティング膜の強さ、効果の持続期間、自然なツヤといった面から見て、車に施行するボディコーティングとしては現状で最も効果が高いものです。

ガラスコーティングの仕組みを一言にまとめると、“無機質の透明ガラス皮膜をボディの塗装の上に形成する”というもの。車コーティングの中には「ガラス系」と呼ばれる方法もあり、混同されることもあるようですが、これは別のタイプになります。

無機質ガラスのコーティングは、文字どおり有機物を含まず、空気(正確には空気中の水分)に触れることで化学反応を起こして硬化・定着します。

一方、ガラス系のコーティングは、ケイ素などのガラス繊維をポリマーなどの化学物質と反応させて定着させるもの。有機溶剤など、時間の経過で劣化する物質が含まれるため、無機質ガラスに比べて寿命や皮膜の強さでは引けを取るのです。

ガラスコーティングがもたらすメリット

ガラスコーティングは、一度施行すれば長期間その効果が持続します。施工するショップの技術や、使用するコーティング剤によっても異なりますが、3年くらいの持続性は期待してもいいとのこと。

また、皮膜の硬度もガラス系より優れており、ボディのキズを防ぐ効果も非常に高くなっています。加えて汚れもつきにくくなり、水アカや泥、埃などが付着した場合でも、水で流せば簡単に落とすことができます。

他のコーティングとは異なり油脂を含まないため、不自然なテカリを出すことなく、ボディの塗装色本来の自然なツヤを出せるのもポイントです。

ガラスコーティングのデメリット

デメリットとしては、ガラスコーティング専門のショップに施工を依頼する必要があるため、費用が高くなる点があります。小型・中型車で7万円前後、大型車やSUVなどで10万円前後が大体の相場のようです。

また、しっかりとした皮膜を形成するぶん、一度施工するとやり直しが難しくなります。技術が伴っていないショップに施工を依頼し、塗りムラなどができてしまうというケースも考えられますので、ガラスコーティングを依頼するショップは慎重に選ぶ必要があります。

>>横浜でおすすめの車ガラスコーティング専門店はココ