HOME >  どれが一番?車コーティング徹底比較 >  車コーティングの効果ランキング

車コーティングの効果ランキング

ここでは、ガラスコーティングをはじめとした、5種類の車コーティングの効果を比較。ランキングにまとめています。

車のボディコーティングで最も効果が高いのは?

現在、車コーティングの主な方法として挙げられるのは、ガラスコーティング、ガラスコート、フッ素系コーティング、ポリマーコーティング、ワックスコーティングの5種類。種類によって、特徴が異なります。

そこで、長持ち度、ツヤ出し度、汚れにくさ、キズのつきにくさの4点で車コーティングを比較し、ランクづけしました。愛車のコーティングを依頼するときの参考にしていただければと思います。

順位/
コーティングの種類
ツヤ出し度 汚れにくさ キズの
つきにくさ
長持ち度
【1位】
ガラスコーティング
【2位】
ガラスコート
(ガラス繊維系)
【3位】
フッ素コーティング
【4位】
ポリマーコーティング
【5位】
フッ素コーティング

>>横浜で一押しのガラスコーティング専門店へ

コストパフォーマンスで選ぶならガラスコーティングが一番

ご覧のとおり、比較した5種類の中で最も効果が高いのはガラスコーティング。そのぶん、施工費用は高くなる傾向があるのですが、コストパフォーマンスは最も高いといえます。

大切な愛車はいつでもピカピカの状態にしていたい、というのは多くの方が望んでいらっしゃることでしょう。

ガラスコーティングを一度施行してしまえば、3年~5年は効果が持続します。水アカや泥、埃などがつきにくくなり、付着した場合でも水で簡単に落ちるといった具合です。また皮膜自体の強度も、上記で挙げたコーティングのなかでは一番硬いため、キズがつきにくくなります。

さらに紫外線による劣化防止も期待でき、車のボディカラーを美しく、自然な風合いで保ち続けることができるのです。

これが、例えばワックスの場合だと、1回あたりのコストで見れば安いものの、雨などで流れ落ちてしまったら、その都度洗車とワックスがけを繰り返さなければなりません。労力も含めた長期的なトータルコストで考えれば、ガラスコーティングが一番というわけです。